尿酸値を下げて痛風発作や激痛を防ぐためには食事とともに必要になるのが運動。

運動と言っても種類はいろいろですが、まず心がけたいのが、適度な運動を心がけることが重要です。

汗を垂れ流すような激しい運動を最初から始めようとすると、すぐに妥協してしまう可能性があります。
適度な運動には余分な体脂肪を減らすだけでなく、血管を柔軟にして血流を良くする効果や、善玉コレステロールを増やす効果、インスリン抵抗性を改善する効果などがあります。

高血圧や糖尿病、脂質異常症と言った生活習慣病全般んお予防に効果がありますので、運動を心がけておきたいところです。

ただし、過度な運動は逆に尿酸値を上昇させることがあるので注意も必要です。

今まであまり運動をしてこなかった人がジョギングやサッカー、テニス、ウエイトトレーニングなどと言った息も絶えた絵になるような激しい運動を急に行うと、体内で尿酸の合成が促進され、一時的に尿酸値が上昇して痛風発作を誘発することがわかっています。

これは激しい運動をすると結紐に尿酸という物質が増え、これが肝臓からの尿酸の排泄を防ぐために、体内の尿酸が急激に高まるということになります。

そのために尿酸を下げることを考えて運動を始める場合は、まずは軽い体を動かす程度から始めることが大切です。

そこから10分程度の散歩やウォーキングで体をなじませてから、1日に30~60分のウォーキングや水泳などに切り替えることで、徐々に体も慣れてきて、尿酸値を下げることにもつながってきます。

まずは無理をせずに、負担を書けない程度の運動から始めていくことが重要になります。