働き盛りのビジネスマンや一人暮らしの人は昼食や夕食を外食ですませることが多いのではないでしょうか?

仕事の内容に夜あるとは思いますが、一日中体を動かして、汗がダラダラと流れるような作業なら、外食でお腹いっぱい食べたとしても、さほど尿酸値を上げたり、コレステロールなどの影響はないかもしれません。

しかしながら、一日中言うの上にお尻を載せて、体を動かしていない仕事で、毎日のように脂質や塩分、糖類などの多い食事の外食やコンビニ食を食べていると、当然のように尿酸値が高くなります。

カロリーの食品を食べつつ、となりにちょびっとだけ存在している緑黄色野菜を食べることで、健康的な体につながると勘違いする人も多いのですが、基本的にカロリーオーバーな食事は尿酸値だけでなく、さまざまな病気の発症リスクを高めてしまいます。

外食は、注文したらすぐに目の前に届けてくれるし、味は美味しく、価格がやすいというパターンが多いと思います。

そのために、毎日のように足繁く通ってしまうのでしょうが、日に日に尿酸値が高くなります。

バランスよく食べることは、尿酸値の維持とともに、健康的な体を意識するためには重要です。

一番の理想は、外食を控えつつ、自宅で自炊することで、計画的に栄養のある食事を整えることができます。

しかし、自炊ができない、または面倒だから外食やコンビニ食に足を運び、手を出して体内吸収することだと思います。

そのために、外食などの食事の弱点を補うために、メニューの工夫をすることでも、数値を下げることにつながります。

例えば、丼物や麺類より、定食屋セット物を選ぶこと。

主食と主催がキチンと揃っていて、メニューによって副菜や汁物がつくところです。

このバランスを心がけておくことでもくぁあります。
それから、定食を注文しても野菜が足りないということも考えられます。

野菜料理をもう一品プラスすることも一つの手段です。

単品での注文が難しければ、食後に野菜ジュースやトマトジュースを飲むのもおすすめ。