高尿酸血症の数値を下げて平常値にするためにフェブリクを服用することで効果が期待できます。

痛風発作が起きた場合はすぐに服用しないと、足の親指などに耐えられないほどの激痛が起こる可能性がでてくるために、痛風を経験した人は必要不可欠な薬だと考えていると思います。

しかしながら、フェブリクも薬のために、体内で吸収することで、臓器に対して作用が起こることで尿酸値を下げることが出来る反面、他の健康的な臓器にも作用が起こりすぎてしまい副作用になるおそれもあります。

初期の段階では血液検査や自覚症状では起こりませんが、じょじょに悪化してしまうおそれも十分に考えられます。

そのためにできることなら、薬以外で高尿酸値を下げることを心がけたいものです。

そこで意識したいのが、毎日のように水分を一定量吸収することです。

高尿酸血症や痛風の患者さんは尿路結石や肝臓障害を合併しやすいことがわかっています。

この肝臓障害については、尿の酸性やアルカリ性を表す食べ物や運動などの影響を受けて変化しやすいという特徴があります。

フェブリクやコルヒチンなどの薬を長期間にわたり服用していることでも、合併症が起こることもわかっています。

そのために、尿路管理の第一の方法として、水分をしっかりと吸収することが大切になります。

「いやいや、私たちは人ガンなんだから水分は毎日のように吸収しています。」

当然といえば当然です。
しかしながら腎臓のことを考えると、普段よりも多めの水分を吸収することが重要になります。

水分をたっぷり取って尿量を増やせば、尿酸が溶けやすくなりますので。

尿量は通常1日に1.0~1.2リットルですが、重要なのは腎臓病や心臓病で水分摂取を正べんされているケースは別で、1日に2リットル程度の尿が出るように水分を取ることが目標になります。

できることなら、普段以上に水分を吸収することが、予防や改善にもつながるはずです。