昔と比べて高尿酸血症や痛風になりやすいことがわかっています。一度でも痛風や前兆の経験のある方ならある程度の知識はあるかもしれませんが、高尿酸血症や痛風は食事などが原因の一つと言われています。

私もアルコールやプリン体の多い食事を毎日のように吸収していたことが原因ではないかと思っています。そのために、前兆や高尿酸血症を抑えるためにコルヒチンやフェブリクを服用することで、激痛の苦しみに悩まされずに住みます。

ただし、一番の理想としては薬を服用せずに、高尿戦地を正常に維持させることだと思います。

そうするためには、普段から食事管理を意識することが重要になります。

かなり昔の日本では痛風は日本人にとってごくまれな病気でした。ところが、高度経済成長を迎え、昭和30年台に貼ると、日本人にも痛風発作を起こす人が胸像します。

その原因として、経済発展んいともなって、食生活が豊かになるとともに、食事の内容が欧米化してきたからです。

欧米の食事として、牛肉や麦、トウモロコシ、豆、果物、乳製品などがメインです。このような欧米の食事スタイルがけっして悪いとは思いません。

しかしながら、日本人との体のバランス煮崩れが起こり、痛風発作を起こす人が増え始めてしまいます。

食生活が豊かになるとともに、食事の内容が栄養たっぷりから、食べたいものを食べたいだけ食べるスタイルに変わることで、尿酸値が高まりやすくなり、結果的に痛風が起こりやすくなります。

現在は、欧米の食事で高尿酸値だけでなく、高血圧や糖尿病、脂質異常症などと並ぶ代表的な生活習慣病の原因となっています。

体の健康のことを心がけている人でも、実は欧米スタイルの食事を毎日のように食べて、それが原因で生活習慣病になるケースもおおいです。

普段から食事を意識することも大切ですが、それと一緒に運動やストレスをためないなど、意識することで、高尿酸値や痛風、それ以外の病気の予防や改善にもつながります。